材木・建材・フローリング・床暖房・住宅建材・設備が安い !
材木と建材、住宅全般の通販サイト
 OKU-WOODオクウッド

 

商品カテゴリ

 

 

  

OKU-WOOD オクウッド | HOME»  材木»  外国産材(下地用)»  【 米松 グリーン 材 】

【 米松 グリーン 材 】

  

  

  

  

  

[ サイズ一覧 ]  ※ 別途 送料・梱包費がかかります。

商品名 サイズ 入数 価格(税抜)
A-01 3000 x 45 mm角 6本 2,700 円
A-02 4000 x 45 mm角 6本 3,600 円
B-01 3000 x 60 x 30 mm 6本 2,250 円
B-02 4000 x 60 x 30 mm 6本 3,000 円
C-01 3000 x 60 mm角 4本 3,450 円
C-02 4000 x 60 mm角 4本 4,600 円

  

  

 

  •  

    リーン材 KD材 について


    グリーン材とは伐採したままの未乾燥材のことです。

    それに対して、乾燥材KD材と言われます。
     


    一般的に使われている乾燥材はKD材(kiln dry wood)といい、

    乾燥機(kiln人工的に強制乾燥させた材で、

    含水率を15~20%程度まで下げたものです。

    割れが起きにくく、安定した強度を発揮するようになり、耐久性も高くなります。

     

    グリーン材も使う段階では確かに本来の強度を発揮しないものですが、時間と共に乾燥し、本来の強度を発揮していくようになるので、一概にグリーン材がダメだということではありません。
     

    ただ、使い方には十分注意が必要とは思います。




    またKD材も乾燥させれば良いというものでもありません。

    人口乾燥には、材によっては10日以上かかるものもあるようです。

    その日数を短縮するため、過度の熱をかけると木材のなかの繊維を壊し、本来の強度を損ねる実験結果が出ています。

    あまりに乾燥にこだわるが故、かえって強度を損ねることもあることも知っておくことでしょう。

    さらには、たとえしっかり乾燥させていても、建築中の現場で湿っけた空気にさらされると、周りの湿気を吸収して含水率が高くなる場合があります。

    梅雨時に建てた柱など、納品の時には15%程度だったのに建て方後の検査の時には、20%を超えていたということもありました。

    また、乾燥度の高い床材を乾燥期に貼ったところ、梅雨時に膨らんで盛り上がったというクレームになることもあります。


    木は、伐採されたあとも生きているということを、そしてその性質をしっかりと知っておくことが必要だと思うのです。

     

  • 【 米松 グリーン 材 】

  • 販売価格

    2,430円(税込) 4,968円(税込)

  • 在庫を確認する

    在庫あり

  • サイズ(入数)

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品